全身脱毛をエステで受けるときに考えること

妊娠中の施術はNG

照射

妊娠中に施術を受けられない理由

脱毛サロンでは様々な脱毛プランが用意されていますが、中でも全身まるごと施術を受けられる全身脱毛プランは人気です。全身脱毛を脱毛サロンで行った場合、毛量や毛質などに個人差によって異なりますが、脱毛が完了するまでには約2年から3年ほどの期間がかかります。女性の場合、2年から3年という期間の間に結婚・妊娠という可能性も考えられますが、脱毛サロンでは妊娠中の脱毛はNGとなっているので注意が必要です。脱毛サロンで受けられる光脱毛は人の身体に悪影響は無いもので、お腹の中にいる赤ちゃんにもダメージは無いとされています。ただ、妊娠中は女性ホルモンバランスが変わってしまうため、この時期に全身脱毛を行っても脱毛効果が感じられないケースもあるようです。せっかく、施術を受けたのにほとんど無駄毛が抜けないとなると、お金をどぶに捨てることになってしまうでしょう。また妊娠中に光脱毛を言受けるとシミができやすい、施術に使用するジェルに肌がかぶれてしまうといった、トラブルも起こりやすくなります。妊娠中はいつもよりも肌トラブルを起こしやすく、脱毛の効果も出にくいという理由から、大半の脱毛サロンで一旦脱毛を中止するのです。全身脱毛が再開できるのは各脱毛サロンによって規定が異なりますが、授乳を終えてから施術を再開するという脱毛サロンが多い傾向にあります。全身脱毛プランを契約する場合、妊娠するかもしれないことを考慮して脱毛を中止しても再開しやすい、脱毛サロンを選ぶことが大切です。

Copyright© 2019 全身脱毛をエステで受けるときに考えること All Rights Reserved.