全身脱毛をエステで受けるときに考えること

施術NGな部位とは

エステサロン

タトゥーなど施術NG部位をチェック

脱毛サロンで全身脱毛を受けたいと考えている方は、施術が受けられない部位がどこかも事前に把握しておくことをおすすめします。全身脱毛と聞くと、顔から爪先までまさに全身の無駄毛を脱毛できるようなイメージがありますが、全身脱毛プランであっても施術NGという部位があるのです。脱毛サロンによっても異なりますが全身脱毛プランの場合、Vライン・Iライン・Oラインといったアンダーヘアの脱毛も含まれるケースが多い傾向にあります。Vラインは完全にツルツルになるまで脱毛可能ですが、IラインとOラインは施術を受けられない範囲が出てきます。IラインとOラインは皮膚の他に粘膜部分がありますが、脱毛サロンで受けられる光脱毛は粘膜部位の脱毛はNGです。ですので、Iライン・Oラインは粘膜部分から外側何センチまでと光脱毛が行える部位が決まっています。粘膜部分だけでなく濃いあざがある部位やほくろ、そしてタトゥーがある部位も全身脱毛プランであっても、施術を受けることはできません。脱毛サロンで行われている光脱毛は黒い色の色素に反応して、毛根細胞にダメージを与え無駄毛を処理するという脱毛法です。濃いあざやほくろ、タトゥー部位は光がそれらの色素に反応して火傷を負うリスクがあるため、施術NGとなっています。ただ、このような部位があっても全身脱毛プランを契約できないということはなく、あざ・ほくろ・タトゥー部分は安全に避けて施術を行ってくれる脱毛サロンがほとんどです。

Copyright© 2019 全身脱毛をエステで受けるときに考えること All Rights Reserved.